ホワイトニングのデメリット

審美歯科ホワイトニングにも種類があって、種類ごとにデメリットもあります。種類によってやり方が違うものの、薬剤を使用する場合は薬剤の刺激による痛み、知覚過敏になりやすいなどデメリットはあります。ホワイトニングは、歯が白くなるのを実感できますが、効果は永久ではありません。持続する期間も種類によって異なりますが、即効性があるほど持続期間は短くなります。効果の実感まで時間がかかるものは、持続時間は長くなりますがこれも効果は永久ではありません。

コーヒーホワイトニングの種類によって費用は異なりますし、審美歯科は自由診療になるので料金設定がクリニックによって異なります。一応相場はありますが、それでも数万円かかります。ある程度は白さを維持できますが、その間も歯に色素がつきやすい飲み物や食べ物を控えるよう注意が必要です。歯に色素がつきやすいものを好んで食べる人は、審美歯科でホワイトニングをしても後戻りしやすくなってしまいます。

審美歯科のホワイトニングは、全ての人ができるというわけではないことも覚えておくといいでしょう。虫歯がある人は、虫歯の治療をしないとホワイトニングはできません。小さい子供や妊娠中の人、授乳中の人もホワイトニングはできません。

ホワイトニングのメリット

お花審美歯科で行われているいるホワイトニングには、いくつかの方法があります。方法によっても効果は変わってきますが、通常の歯磨きではかなわない真っ白い歯を手に入れることができます。ホワイトニングの種類によっても、方法や効果は変わってきます。それぞれにメリットとデメリットがあるので、覚えておくと安心です。

ホワイトニングの種類によっては、1回の施術で歯が白くなっているのを実感できます。何度か継続することで少しずつ白さを実感していく方法もありますが、施術前に比べると明らかに白くなっているのがわかります。審美歯科で行うホワイトニングは、芸能人やモデルも行っている方法ということもあり、真っ白い歯になります。歯が白く見える人でも、白いシャツを着ると歯が黄色く見えてしまうことがあります。審美歯科で行うホワイトニングは、白いシャツを着ていてもそれに引けを取らないくらい白い歯になるのがメリットです。

ホワイトニングの種類によっては、1回で白さを実感できるものもありますし、数回施術を繰り返すことで白さを実感できるものもあります。この場合かかる費用や効果が持続する期間なども異なるので、ライフスタイルに合わせてホワイトニングの種類を選ぶといいでしょう。

ホワイトニングの目的

ホワイトニングというのは、歯を白くする施術のことです。施術以外を指すこともありますが、要は輝くような真っ白い歯にすることをホワイトニングと言います。歯の色に関しては個人差があるので、ホワイトニングをしなくても白い人もいますし、特に汚れているわけではないのに黄色みが強いと歯が黄ばんでいるように見えてしまうこともあります。

歯の色は生まれつきという部分もありますが、紅茶やウーロン茶、赤ワインなど渋み成分が歯の表面にこびりつき、歯の色がくすんで見えるようになることもあります。色素の強い飲み物や食べ物を好んで食べる人は、歯の表面にステインがつくので本来の歯の色よりもくすんで見えてしまうのです。

この場合ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉を使うと、ステインを除去できるので歯を本来の白さに戻すことができます。歯磨き粉の場合は歯を真っ白にしてくれるのではなく、「歯を本来の色に導く」だけです。健康な歯は真っ白ではなく象牙色をしていると言われています。色合いには個人差がありますが、本来の歯の色は真っ白ではないのです。

先生審美歯科で行っているホワイトニングは、本来の歯の色よりもさらに白くすることができます。元々は芸能人やモデルなど、カメラに写る仕事をしている人が、カメラ写りが良くなるように行っていたものでした。以前のホワイトニングはしみたり痛みを感じたりしましたが、現在は種類が増えていて痛みのないホワイトニングもあります。