ホワイトニングのデメリット

審美歯科ホワイトニングにも種類があって、種類ごとにデメリットもあります。種類によってやり方が違うものの、薬剤を使用する場合は薬剤の刺激による痛み、知覚過敏になりやすいなどデメリットはあります。ホワイトニングは、歯が白くなるのを実感できますが、効果は永久ではありません。持続する期間も種類によって異なりますが、即効性があるほど持続期間は短くなります。効果の実感まで時間がかかるものは、持続時間は長くなりますがこれも効果は永久ではありません。

コーヒーホワイトニングの種類によって費用は異なりますし、審美歯科は自由診療になるので料金設定がクリニックによって異なります。一応相場はありますが、それでも数万円かかります。ある程度は白さを維持できますが、その間も歯に色素がつきやすい飲み物や食べ物を控えるよう注意が必要です。歯に色素がつきやすいものを好んで食べる人は、審美歯科でホワイトニングをしても後戻りしやすくなってしまいます。

審美歯科のホワイトニングは、全ての人ができるというわけではないことも覚えておくといいでしょう。虫歯がある人は、虫歯の治療をしないとホワイトニングはできません。小さい子供や妊娠中の人、授乳中の人もホワイトニングはできません。